学校に行かなくてはならない

娘は18歳。学校、受験、アルバイトと目的は違うけれど今までと同じことを繰り返しているようで、今回こそは学校もアルバイトも早く辞めてまた家でゆっくりしてほしいと、母親は思っていました。高校を止めないと娘が春に自分で決めたことだったので、高校を退学させることは否定してしまうようで、高校を止めさせることを母親はためらっていました。11月に入り、自傷行為をしたことを打ち明けられ、同時にバイトは辞めると話してくれました。手首を傷つけたことは悲しいことですが、自分からバイトを辞めると決断してくれてホッとしていました。バイト先にも連絡しました。けれど、娘はどんどん落ち込んでしまい、部屋に引きこもってしまうようになりました。今外に出ることは娘にとって心身ともに酷だと感じ、先程「家でゆっくりしてほしい。休んでてほしい。バイト先には母さんが行くから連絡きたら教えて」と言うとポロポロ涙をこぼしてうなづいていました。

<解説>

文脈から行って、娘の心は不登校、学校に反応をして子供を辛くするトラウマ=FCRがあると判断されます。娘は学校や勉強など、学校を意識する物に反応をして、心が辛くなってしまうはずです。

>娘は18歳。学校、受験、アルバイトと目的は違うけれど今までと同じことを繰り返している
家の中に、娘の周りに登校刺激がある可能性もありますが、娘自体の知識に学校に行かなくてはならない、大学に行かなくてはならない、学校に行かないなら働かなくてはならないという、強い登校刺激となる知識があるようです。

その知識を娘自身で娘から取り除くことは大変に難しいです。と言うより、娘自身がその知識にすがりついていると言って良いかも知れません。そしてその知識を娘から取り除けるのは、母親だけだと言って良いと思います。

>今回こそは学校もアルバイトも早く辞めてまた家でゆっくりしてほしいと、母親は思っていました。
母親は娘から登校刺激になる知識を取り除こうとしていますが、その対応が不十分なようです。「母親の責任」で娘から学校を取り上げ、アルバイトも取り上げる必要があります。この対応をすると、最初は否定されたと娘は荒れるかも知れませんが、直ぐに心が楽になって落ち着いてきます。

>高校を止めないと娘が春に自分で決めたことだったので、高校を退学させることは否定してしまうようで、高校を止めさせることを母親はためらっていました。
娘は、その本心では高校に行かれないのです。退学を求めていたのです。しかし母親の前ではよい子を演じて高校に行きたい、高校に行くと言ったのです。それを母親が娘の本心だと理解して、高校を止めさせることをためらいました。その結果娘の心が辛くなったのです。

>11月に入り、自傷行為をしたことを打ち明けられ、
高校を止めさせてもらえないので、トラウマが反応をして、辛くなり、自傷行為をしたのです。よい子を演じていたことを見抜けなかったのは仕方が無いことですが、今からでも遅くないです。母親の責任で(娘がよい子を演じなくて良くなります)、高校を退学させて上げて下さい。

>同時にバイトは辞めると話してくれました。
少しだけお母さまの対応が娘の心を楽にした部分がある様です。学校に向かう辛さから自傷行為をしましたが、社会に向かい辛さは母親の対応で軽くなったので、バイトを止めてくれました。

>娘はどんどん落ち込んでしまい、部屋に引きこもってしまうようになりました。
それは母親の対応が悪かったのではなくて、時節柄(進学校年度に近づいている)娘の知識が学校に行かなくてはならないと言う登校刺激を作ったのでしょう。

>今外に出ることは娘にとって心身ともに酷だと感じ、先程「家でゆっくりしてほしい。休んでてほしい。バイト先には母さんが行くから連絡きたら教えて」と言うとポロポロ涙をこぼしてうなづいていました。
この母親の対応が娘の心に届いて良かったです。この対応を母親が学校についても娘にする必要があります。

ありのままの息子

息子は中学1年生の連休明けから不登校になっています。家では主にパソコンでオンラインゲームをして過ごしています。大学病院子どものこころに受診、自立支援を受け、訪問看護を週3回受けています。内容は一緒にゲームをしたり、簡単な学習プリントなどをしています。母親がピアノを弾くので、息子も幼いときからピアノを習っていて、現在もピアノプライベートレッスンを週1回30分受けています。ピアノは本人好きなことのようで、レッスン以外でもたまに好きな曲など弾いています。其れ以外に通級教室(他校なので母が送迎)を週1回受けています。また、デイサービスに週1回通っています。
中学3年生になるので、そろそろ高校について考え始め、通信制を希望しているようです。母親も進学や生活習慣について考えていて、それについてもどこかのサポートを考えているようです。

<解説>

>息子は中学1年生の連休明けから不登校になっています。
中学入学後に不登校になる原因を書かれていないので、きっと小学校時代から息子の心は不登校だったのだと推測されます。中学校の学校生活の辛さから、連休明けから不登校になったのでしょう。経験的にはこのような不登校の子供を多く見かけます。

>家では主にパソコンでオンラインゲームをして過ごしています。
経験的に不登校の子供の姿として好ましい姿だと思います。子供の辛い心を癒やすことができるからです。

>大学病院子どものこころに受診、自立支援を受け、訪問看護を週3回受けています。
不登校などの心が辛い子供への対応の基本は、ありのままの子どもをそのまま認めると言う対応が必要です。この対応は息子のありのままを認めないで、息子を常識的に生活させる対応法です。息子は今これを受け入れていますが、本心は拒否をしていて、心の辛さを強めて行っているはずです。今の息子はこの対応に抵抗をしていないようですが、今にて移行を始めて、母親に対して問題行動をするようになります。

>内容は一緒にゲームをしたり、簡単な学習プリントなどをしています。
息子にとってゲームを楽しむには、それなりの信頼できる相手となら可能です。しかし息子の知らない人がゲームの相手なら、きっと息子はよい子を演じていると考えられます。

不登校の子供は、学校に反応をして子供を辛くするトラウマ=FCRを持っています。幾ら簡単と行っても学習プリントは学校を連想させます。今はトラウマの反応症状が見られていないようですが、それは息子がよい子を演じて、トラウマの症状を隠しているだけで、今にトラウマの症状に耐えきれなくなります。大変に難しい問題を生じるようになることが推測されます。

>母親がピアノを弾くので、息子も幼いときからピアノを習っていて、現在もピアノプライベートレッスンを週1回30分受けています。
ピアノプライベートレッスンが学校を連想するかどうかで、その意味が異なってきます。幼いときからピアノを習っていたという経過を考えると、息子には必ずしもピアノプライベートレッスンが学校を連想する物ではないのかも知れません。しかし多くの不登校の子供には、このような習い事は学校を連想する物になりやすいです。学校を連想すれば、トラウマが反応をして、子どもの心は辛くなります。

>ピアノは本人好きなことのようで、レッスン以外でもたまに好きな曲など弾いています。
ピアノを弾くことが息子には楽しいのでしょう。登校刺激の辛さをこれでいくらか弱められている可能性があります。もしそうなら、息子にとってピアノは、多くの不登校の子供がゲームやネットを楽しむのと同じような効果なのかも知れません。

>其れ以外に通級教室(他校なので母が送迎)を週1回受けています。また、デイサービスに週1回通っています。
これらはほぼ間違いなく学校を連想します。息子はよい子を演じてこれらに通っていると推測されます。

>中学3年生になるので、そろそろ高校について考え始め、通信制を希望しているようです。
それは母親の思いを息子の思いと、母親が判断して居る可能性が高いです。このような段階で、息子は高校に行くことを考えられないと思います。考えるとトラウマが反応をして、息子の心が辛くなってくるはずだからです。

>母親も進学や生活習慣について考えていて、それについてもどこかのサポートを考えているようです。
母親が息子に高校に行かせたいのです。その思いを息子の思いと、母親がすり替えています。この段階の息子はとてもサポートを受けられる心の状態ではないと推測されます。この段階の息子はまずトラウマが反応をしないところで、母親からトラウマが反応をしないように守られて、心のエネルギーを高めていく必要があります。

不登校とパソコン

小学校5年生から不登校の息子です。現在中学2年生。中学校は、入学式に一応参加できたのですが、その後1日も登校しておりません。4月からは高校生になるための準備をする必要があると考えています。現在家では自分の部屋でパソコンでオンラインゲームをして過ごしています。
パソコンやプログラミングに興味を持ち、オンラインマンツーマンのプログラミングレッスンを週1回約2時間受けています。これは本人好きなことのようで、自主的積極的に参加しています。
息子はそろそろ高校について考え始め、通信制を希望しているようです。今後進学や生活自立に向けて、どのようなサポートが有効とお考えでしょうか。

<解説>

>小学校5年生から不登校の息子です。
息子さんは、心に学校に反応をしてむすこさんを辛くするトラウマ=FCRを持っています。トラウマが反応をすると、子供はとても辛くなります。それ故に、息子さんは学校に行こうとしませんし、行かれません。

>現在中学2年生。中学校は、入学式に一応参加できたのですが、その後1日も登校しておりません。
この一行から、息子さんのトラウマは学校に強いく反応をしていると考えられます。入学式に行ったのは、きっと息子さんの希望ではなくて、ご両親の希望を叶えようと、よい子を演じたのだと思います。やっとの思いで入学式に参加したのであり、息子さんが求めていったのでは無いと推測されます。

その入学式に息子さんが行ったことを、お母さまは、一応参加できたと評価されています。この言葉から、息子さんが努力すれば学校に行かれる、何か助けて上げれば学校に行かれると、母親が思われていることが推測されます。母親が息子に学校に行って欲しいと言う思いがとても強いことが推測されます。つまり、母親が息子に、学校に行って欲しいと言うオーラを出し続けていると推測されます。

>4月からは高校生になるための準備をする必要があると考えています。
きっと母親が考えているのだと思います。息子は考えていません。考えるとトラウマが反応をして辛くなるので、息子は考えることができません。

>現在家では自分の部屋でパソコンでオンラインゲームをして過ごしています。
常識に反しますが、これは今の息子の心にとってとても良いことです。その理由の一つは、パソコンやオンラインゲームの楽しさで、学校の存在を忘れていられるからです。それはほんの少しずつですが、トラウマの反応の強さを弱めていってくれます。同時に、母親の学校に行って欲しいと言うオーラから逃げることもできます。現在の子どもの多くは、ゲームを楽しむ、パソコンでオンラインゲームを楽しむのが大好きな傾向があります。

>パソコンやプログラミングに興味を持ち、オンラインマンツーマンのプログラミングレッスンを週1回約2時間受けています。これは本人好きなことのようで、自主的積極的に参加しています
これは母親の判断ですね。母親の心と息子の心と異なります。息子の心から言うなら、パソコンやプログラミングをしないのではないと思います。息子はオンラインマンツーマンのプログラムレッスンを受けたくないはずです。その時間でもオンラインゲームをしていたいはずです。母親のオンラインゲームだけでなく、他の何かもして欲しいと言う思いを感じ取って、あたかもパソコンやプログラミングに興味を持っているように、振る舞っている、よい子を演じているのだと思います。

息子にとって、それならできるから、母親に妥協をして、母親の喜ぶ姿を演じています。そのよい子を演じている息子の姿から、母親は息子はパソコンやプログラミングに興味を持っている、本人がそれが好きだと判断して居ます。但し、オンラインマンツーマンのプログラムレッスンが息子の心をそれほど辛くしていないように推測されますから、息子がよい子を演じた結果が息子のこれからに悪影響を及ぼす、息子が問題行動をするようにはならないと思います。それよりも問題は、母親が学校に行って欲しいと言うオーラを出していることの方が遙かに問題です。

 

どうなさいますか?

あるお母さんから不登校引きこもりの息子さんがHな画面を見ているので、どうしたらよいかと相談がありました。

皆さんがこの息子の母親なら、この息子に対してどうなさいますか?
勿論不登校引きこもりの子どもでなく、一般の子どもについてでも良いです。

検討会の内容

2月18日の検討会の内容をお伝えします。勿論一部ですし、若干のMSGの追加をしています。

不登校とは、子供が学校に行こうとしない、行かせようとすると程度の差はありますが、今までに無い反応や行動の仕方をする(殆ど全ての場合で学校に行き渋る、学校に行こうとしない)場合です。その反応の仕方を母親が気づいたり、周囲の人だけが気づいたりします。

多くの場合、親や周囲の大人の知識から、子どものこの反応の仕方や行動を理解しますが、多くの場合それでは解決しません。また、解決したとしても後ほどまた子どもが今までに無い反応や行動の仕方をします。そして子どもの心に何か正さなくてはならない問題があると考えて、子どもに関わったり、子供を責めたりします。この時の親や大人の問題点は、子どもの心は大人の心と異なることを知らないという事実です。大人の心、知識で解決法を考えて、それを子どもに当てはめることです。ですから、大人の心で考えた解決法は不登校の子供の心に当てはまらないのです。

現在の日本の不登校とは、子どもの心に 「学校に反応をして子供を辛くするトラウマ=FCR」 ができて、そのトラウマが学校に反応をして子どもの心を辛くして、子どもが今までに無い反応や行動の仕方をします。この「学校に反応をして子供を辛くするトラウマ=FCR」を考えた対応法を、不登校の子供にしない限り、解決法がないのです。このトラウマが学校に反応をして子どもの心を辛くして、子どもが今までに無い反応の仕方や行動の仕方をするその姿は、子どもによって色々です。そしてトラウマの大きさ=不登校の程度を、不登校の子供が今までに無い反応の仕方は行動の仕方で判断できません。と言うより判断すると間違えてしまう場合があります。

母親が子どもは不登校だと気づいた時点で、子どもは既にトラウマの反応から死ぬ思いをしていると考えた方が良いです。その死ぬほど辛い思いを、子どもがその子どもなりの何か楽しみを見つけて、その楽しみで薄めていると、考えた方が良さそうです。但し、死ぬほどの辛さを楽しみで薄めているのですが、トラウマの場合、その辛さは経過と共に強くなる傾向があるために、その楽しみで薄められなくなることが多いようです。最終的に母親が子どもの辛さから子どもを守る必要がある様です。

帰って来た息子

高校中退の息子は家を出て一人暮らしをしていました。母親が息子を突き放すのを止める対応に変えたら、息子は家に帰ってきました。其れまでしていたアルバイトを息子はを辞めました。その後、昼夜逆転で、眠れなかったりもしますし、食事の時間も不規則になりました。最近まで続いていた私との会話、私に何かを相談してきたり、甘えてくることは無くなりました。
今の母親の対応は見ない言わないスキンシップ、だけで良いのでしょうか?

<解説>

>高校中退の息子は家を出て一人暮らしをしていました。
心が元気なら、家を出て一人暮らしは、息子の自立になります。しかし高校中退は、家庭内での経済的な問題と言うことはまず無いでしょうから、今の時代高校に行くのが辛いと言う意味、不登校でしょう。高校は義務教育ではありませんが、今の時代では高校に通うことは子どもの心にとって義務教育に相当するようになっています。ですから、子どもの心の中では、小、中学生の不登校と同じようになっています。

高校生年齢の不登校でも、心を元気な大人にして社会に送り出すには、小中学生の不登校と同じ対応が必要です。子供の辛い心を癒やす母親又は代理母の存在が必要です。そしてその母親又は代理母との間の信頼関係が必要です。その信頼関係に守られて、子供は辛い心を癒やし、心のエネルギーを高めて、実社会に出て行かれるようになる必要があります。

母親又は代理母との間の信頼関係が無い子どもの心はとても危険です。例えるならたこ糸が切れて凧のように、実社会の中でどこに飛ばされていくか分かりません。本当に運が良ければ経済的に自立できる子どもになるかも知れませんが、それでもその心は社会に順応できるような心になれません。何かの折に問題行動をしてしまいます。それは母親を苦しめることになります。取り返しが付かないことになります。子どもが納得して、母親も納得して、大人として社会活動ができるようになるには、心が大人になるまでどうしても母親又は代理母との間の信頼関係が必要です。

>母親が息子を突き放すのを止める対応に変えたら、息子は家に帰ってきました。
息子は母親を求めていたという意味です。息子は経済的にも、心も、母親に守られて、息子なりの成長をしたかったのです。

>それまでしていたアルバイトを息子はを辞めました。その後、昼夜逆転で、眠れなかったりもしますし、食事の時間も不規則になりました。
経済的に母親に守られたかった、未だ息子なりの生活、成長が確立されていなかったので、息子なりの生活形態を模索し始めたのです。つまり、母親を信頼し始めて、今度は自分探しを始めたという意味です。

>最近まで続いていた私との会話、私に何かを相談してきたり、甘えてくることは無くなりました。
母親の思いに従って生きる、母親に依存をして成長をするのではなくて、自分なりの生き方を自分で探しているのです。それが出来るのは、母親に信頼され始めている、母親に守られているという安心感があるからです。

>今の母親の対応は見ない言わないスキンシップ、だけで良いのでしょうか?
母親が子どもへの信頼感を表現する良い方法です。ただ、今まで一人暮らしをさせていたという過去の母親の失敗を補うために、共感とスキンシップは未だあった方が良いように思います。この二つの対応を、母親なりに両立させるのが良いです。

アルバイトの面接

長男と次男は不登校引きこもりです。長男は不登校解決段階4、次男は不登校解決段階3だと思っていました。ですから母親は、学校と仕事・アルバイトを息子たちが自分の人生を決めるまでは何がなんでも否定して後追いをして、社会に向かっての人生をスタートさせるまで待つ積もりです。そして2人ともまだスタートには立っていません。それはわかります。
長男は母親でなく、父親にアルバイトの面接行ったとか、社員名簿のようなものを、父親の目の前で書いたり仕事内容について話をしていました。それは長男がいい子を演じてると考えなくても大丈夫でしょうか?昨日の面接の後の疲れた様子から少し気になりました。
弟は長男がバイトを始めると聞いて動揺した顔を見せたので、長男がバイトの話をするたびに、「あなたは家で好きなことしていていいんだからね!遊んでいなさいよ!」と言っています。弟は、「そんなことわかってるけど、俺も欲しいものたくさんあるんだよなー」と言ったので、「お母さんが買える分は全部買ってあげるからね」と言うと、「うーん」と言っていました。

<解説>

>高校生年齢の長男と小学生の次男は不登校引きこもりです。長男は不登校解決段階4、次男は不登校解決段階3だと思っていました。
母親との自然な会話ができて、信頼関係が強まってきていると言うことなのでしょう。

>ですから母親は、学校と仕事・アルバイトを息子たちが自分の人生を決めるまでは何がなんでも否定して後追いをして、社会に向かっての人生をスタートさせるまで待つ積もりです。
登校刺激と、大人になったら働かなくてはならないという常識を、おこさん達から取り除いて、心のエネルギーを高めるためにとても良い考え方、対応法です。
もしおこさん達が社会に向かって動き出したときでも、安心して社会に向かって動き出せるように、おこさん達がお母さまのもとに逃げ帰る逃げ道を作って下さっているのだと思います。

>そして2人ともまだスタートには立っていません。それはわかります。
長男は不登校解決段階4だと言うことですから、息子さん自身はその気が無くても、社会に出て行く練習をしていると考えられます。

>長男は母親でなく、父親にアルバイトの面接行ったとか、社員名簿のようなものを、父親の目の前で書いたり仕事内容について話をしていました。それは長男がいい子を演じてると考えなくても大丈夫でしょうか?
回避行動としてのよい子を演じている可能性と、心のエネルギーが大きくなっていて、既に社会に向かって動ける段階、社会に向かっての挑戦という意味でのよい子を演じている可能性があります。ただ、母親が仕事やアルバイトをさせない対応をしているのですから、長男は回避行動としてのよい子を演じる必要が無いのです。ですから長男なりの挑戦の可能性の方が高いと考えられます。

何故アルバイトの面接に言ったことを母親に言わないで、父親に行ったのかと言うことです。一つは父親の方がアルバイトを始めるための情報を多く持っていると長男が判断した可能性があります。しかし、それ以上に、母親が普段からアルバイトをするなと言っていたので、母親より父親の方が書類を書いて貰いやすかったのかも知れません。もしそうなら、母親がアルバイトをするなと言っていた言葉で、長男はとても楽にアルバイトの面接ができた可能性があります。母親が普段からアルバイトをするなと言っていたことで、アルバイトを申し込みやすかったのでしょう。逆行動の法則です。

>昨日の面接の後の疲れた様子から少し気になりました。
挑戦ですから、長男はとても疲れたと思います。回避行動としてのよい子を演じたのなら、荒れたり、問題行動をしたはずです。それはなかったようですね。

>弟は長男がバイトを始めると聞いて動揺した顔を見せた
成長したら働かなくてはならないという知識を思い出したのでしょう。

>長男がバイトの話をするたびに、「あなたは家で好きなことしていていいんだからね!遊んでいなさいよ!」と言っています。
この言葉で、次男には登校刺激を受けにくくして、登校刺激に反応しない心にして上げていたようですね。

>弟は、「そんなことわかってるけど、俺も欲しいものたくさんあるんだよなー」と言ったので
母親をテストしたのだと思います。今欲しい物があって買って欲しいと言う意味ではないと思います。

>「お母さんが買える分は全部買ってあげるからね」と言うと、「うーん」と言っていました。
これでテストに合格しました。